返したくても返せない借金を抱えてしまい、困り果てている人を守るための解決方法として、
債務整理があります。債務整理には任意整理、民事再生、自己破産など、いくつかの方法があります。

「借金で苦しんでいる」という状況は同じでも、それぞれが抱える事情や、借金に対する考え方は
様々です。なかには利息は無理だけど借りた分は返せそう、という人や、借金をすべてなくしたい
と願う人、または持ち家や車など、大切なものを手放したくない人など様々です。

債務整理において、どの方法を選択するのかは、こういった状況や考え方を踏まえた上で、
最も適した方法を選択するのがよいでしょう。

それぞれの方法にはメリットとデメリットが存在します。任意整理のメリットは、 裁判所を通さず
に手続きを行うことが可能なため、債務者にかかる負担が最も軽くなること、それから将来利息が
カットされたり、自己破産や個人再生のように官報に掲載されないので、誰かに知られる
心配がないことなどがあげられます。

そのほかにも、任意整理の場合、特定の債権者のみを対象に手続きが行えるのも大きなメリット
だと言えます。

自己破産と個人再生では、債権者すべてを対象に手続きをしなければならないのです。
一方でデメリットには、信用情報にブラックリストとして掲載されてしまうため、およそ7年間は
お金を借りることができなくなります。

また、任意整理はあくまでも借金の金額を減らすことを目的として行う手続きのため、借金そのもの
をなくす手続きではありません。
利息制限法に基づき、計算をした後に残った元金は、必ず返済しなければならないため、
借金を全額なしにしたいという場合には向かない方法だと言えます。